詰まる前に効果があるが詰まった後だと効果がほとんど期待できない

修理隊

パイプクリーナーは、用途に応じて使うと良い

パイプクリーナーは、排水管の詰まりを予防する目的で使用するのがほとんどで詰まってしまってからでは効き目が弱くなってしまうということを念頭においておきましょう。
昨今では、各社が様々な製品を販売しているため沢山の種類があります。それぞれ特徴がありますので、ご使用される場所や状態によってどれを選べばいいか悩んでしまうことも多いのではないでしょうか?

パイプクリーナーとは
パイプクリーナーは、排水管の掃除をする専用の洗剤で、基本的に刺激の強い成分が含まれていますので取り扱いには十分な注意が必要となってきます。このパイプ洗浄剤には、液体・錠剤・顆粒・フレーク状などのタイプがあり、ご使用される場所や状況によって使い分ける必要があります。
トイレ用のパイプクリーナーは尿石を溶かすために酸性である場合がありますが、その他のパイプクリーナーはアルカリ性か塩素系であることが大多数となっています。
お風呂場や台所の詰まりは、ほとんどの場合、髪の毛や油汚れなどの酸性の汚れが原因です。酸性の汚れはアルカリ性の洗剤が適していますので、お風呂や台所の排水配管にに使用するときにはアルカリ性か塩素系のパイプクリーナーを選ぶようにしましょう。
また、液体・錠剤・顆粒・フレーク状などのタイプがありますがどのタイプでも一定の効果があります。液体以外のタイプは水と反応し発泡することによって汚れを落とす成分だけではなく泡の力も利用することができるものが多いです。完全に詰まっている場合には、発泡する物の方が効果が高いと言えるでしょう。しかし完全に詰まってしまった時にはパイプ洗浄剤では効き目が弱く完全に解消できるわけではありません。あくまでも予報だということを念頭においておくことが必要になってきます。
この予防として使用する場合には、固形のパイプクリーナーだとトラップ部分まで落ちてしまい排水管全体にいきわたらないことがあります。液体であれば排水管の壁に沿って流れてくれますので予防では液体の方が効果が比較的高い場合が多いと言えます。

パイプクリーナーの種類

パイプクリーナーはたくさんの種類が販売されています。ホームセンターやスーパーでよく見かける物は、「液体タイプ」と「粉末タイプ」があります。これら2つはタイミングが異なりますので種類ごとにご紹介しておきます。

液体タイプ
液体タイプは液体で不具合が起きている箇所に流し込み、洗浄成分でヌメリや汚れを溶かして取り除くタイプです。ドラッグストアやホームセンターなど比較的簡単に安価で入手しやすいので、初めて使う方や詰まりかけている排水パイプや排水管に用いることで詰まりが解消したり予防ができますので液体タイプがおすすめです。主な洗浄成分である水酸化ナトリウムの含有量が多い程洗浄力が発揮できます。液体タイプのパイプクリーナーは各社に差があり効果がことなるので販売員に聴くか製品に記載されている用途をチェックしてみると良いかもしれません。強い溶解力を持った液体タイプでも、粘度が低くてサラサラしたタイプな製品もありますが洗浄成分の効果が薄く十分な効果を発揮できない場合もありますので完全に詰まったいる頑固な詰まりを取り除きたいというときには水道業者を他排した方が良いでしょう。
粉末タイプ
粉末タイプは水と反応する事で発泡して、泡と汚れが密着してパイプ内に付着した汚れを落とします。業務用として取り扱われているものピー^ピースルー等もありますが新藩されているタイプもあります。また、市販のものは業務用と比較して洗浄力が弱いのですが、軽微な詰まりを解消する期待をすることができます。ただし、それだけ危険な成分も含まれていますので、個人使用をする場合には十分注意することが必要です。液体タイプの場合は使いきりのものが多くその都度買う必要がありますが、粉末タイプの場合は使いかけをストックする事ができ常備品として備え付けておlくこともできます。

詰まりが発生した時のパイプクリーナーの効き目や効果
パイプクリーナーは、詰まりの解消やパイプ内部の汚れを除去するために使用される洗浄剤です。一般的なパイプクリーナーには、化学的な成分が含まれており、以下のような効果や効果があります。

●詰まりの解消: パイプ内部に溜まったゴミや異物が詰まりを引き起こしている場合、パイプクリーナーはそれらの詰まりを分解・溶解する効果があります。適切な使用方法に従って使用することで、詰まりを解消することができます。
●汚れの除去: パイプ内部に付着した油脂や固形物の汚れを除去する効果があります。パイプクリーナーの成分が汚れを分解し、水と一緒に流すことでパイプを清潔に保つことができます。
●香りの消臭効果: 一部のパイプクリーナーには、消臭効果のある成分が含まれているものもあります。パイプ内部の悪臭を軽減する効果があります。

ただし、パイプクリーナーを使用する際には以下の点に注意する必要があります。

●使用方法の確認: パイプクリーナーの使用方法をよく読み、指示に従って正しく使用しましょう。過剰な使用や異なる目的での使用は避け、推奨されている使用量や時間に従って使用しましょう。
●換気と保護手段の確保: パイプクリーナーは化学物質を含んでいるため、換気の良い場所で使用することが重要です。また、手袋や保護メガネなどの保護具を着用することで、皮膚や目への接触を避けましょう。
●配管素材への注意: パイプクリーナーによっては、一部の配管素材(例: アルミニウム、銅など)に対して腐食や損傷を与えることがあります。使用する前に配管素材とパイプクリーナーの相性を確認し、適切な使用を行いましょう。

重要なポイントは、パイプクリーナーは詰まりの解消や汚れの除去に効果がありますが、


水道・水まわりの修理解決!


大阪修理隊総合サポート