節水について

修理隊

水道料金の節約方法を考える

水道料金の節約方法をまとめてみました。

水道メーター


ハンドル式蛇口からレバー式蛇口への変更:古くなり動きが固くなったり、冬場に水を止めたら温度調整するのに苦労するなど、どうしても回すのが面倒になり流したままにしている方が多いです。レバー式に交換することにより、開閉が素早く楽にでき節水効果に優れています。
節水タイプの蛇口又は部品に変更:単式水栓の場合ハンドル上部を外し中にあるコマを節水コマに交換することで節水することが可能です。また、節水型シャワーヘッドや混合水栓の吐水口を変更することにより節水効果が髙くなります。いずれの場合も水流を抑えることにより節水が可能とまります。
トイレの交換:現代、5㍑前後の節水型のトイレが主流となってきています。水道料金の多くをお風呂とトイレが占めることから、特に家族が多いご家庭ではかなりの効果が得られます。年式の古いトイレですと12㍑前後が主流となっているので、現在のトイレは約半分以下の水量で排水することが可能となっています。また、トイレの節水方法としていけないことは、トイレタンクに瓶やペットボトルを入れるというのがあります。トイレのタンクの水量は、設計段階で計算されて水量が決められていて水量が少なくなるとトイレ詰まりが起きる原因になります。また、タンク内部にあるボールタップなどの可動部品に当たり部品を破損させてしまうこともあります。

さまざまな節水方法がありますし水回り製品も節水効果を得られるタイプが多々あります。水道料金が高くて悩んでる時は、一度お試しください。


市内情報掲載
阿倍野区 東淀川区 西成区 天王寺区 平野区
都島区 住之江区

水のトラブルは思いがけない時に発生してしまいます。そんな時にご遠慮なくお問い合わせ下さい。敏速対応できるように日々精進しお客様の困ったを解決しております。また、電話室輸送段も実死中。


水道・水まわりの修理解決!
基本の施工料金

大阪修理隊総合サポート