金銭トラブルに巻き込まれないために

修理隊

水道業者を選ぶ時に注意する点

さっくんのテレビニュースや報道がされています通り水道業者の中には高額請求をしてくる業者もあります。ほとんどの場合は、明らかに常識的にかなり低い低額料金を語り、インターネット有料広告やポストに投函されるマグネットやチラシなどを使い営業しています。
そんな水道業者に「修理内容に納得できないから」という理由で修理料金の減額を求めたり返金を求めても実際に修理が完了している以上、返金に応じてもらえる可能性は低くなります。

どこから水漏れしているのか? 初めてトイレで水漏れ
お客様からの評価集
壁の内側から水が漏れる 水道が使えない状態

トラブルを起こした水道業者側と話し合いの上で、依頼主が納得できる範囲まで、減額交渉をすることになってきます。金銭問題が解決するまでには、長期間を要しますし身体に余計なストレスを抱えてしまうことになるでしょう。金銭トラブルに巻き込まれないためには、見積もりを依頼する修理依頼する前段階で気を付けるべきこととなります。
水道業者のホームページや修理実績。あるいは、口コミなど、急いでいるときだからこそ、落ち着いてチェックしてみてください。水漏れしている場合に慌てているからと言っても状況に応じて水道の元栓や止水栓を閉栓しておけば、2次的被害を食い止めることもできますしさらに悪化することがまずありえません。

お客様評価
蛇口の水漏れを修理してもらう ウォシュレットから水漏れ
施工実績
ローポンプ作業 トイレの詰まりを解決

水道業者との金銭トラブルに巻き込まれないためにも気になる点があれば事前に直接問い合わせてみてください。修理費用については、特にポイントとなるケースが多いことです。不安を感じる点はとことん解決しておきましょう。
万が一にも悪徳業者との金銭トラブルに巻き込まれてしまった場合には、「特定商取引法」という法律の「クーリング・オフ」について定められています。この点を実際にトラブルとなっている水道業者と話し合いましょう。
それでも話が纏まらない場合には、「消費者相談センター」にご相談ください。クーリングオフについては、8日間の無条件解約ができることが特定商取引法上で記載されています。この件については、お客様がお住まいになられている地域を管轄する消費者相談センターにお尋ねされると良いでしょう。ただし、事業者であれば、この法律は適用外となります。一般個人であれば適用となるということを念頭にしておいてください。


蛇口の水漏れを解決 フラッシュバルブの交換
水道の修理業者
高圧洗浄作業 カートリッジ交換

水道・水まわりの施行実施
一連の流れ


修理隊総合サポート