知っておきたい対処方法

修理隊

業者との金銭トラブル

トイレが詰まってしまったり蛇口からポタポタと水漏れがして止まらなくなってしまったなど突然の水道修理をお願いしないといけないことがあります。
昨今のテレビや新聞などの報道で低料金を表示した悪徳な水道業者が少なからずあります。昔から決まった水道業者を知っていれば、詰まりや水漏れなどの突然の水道修理が必要になった時でもそれほど心配することなく解決してもらえます。
それ以外には、安心・安全に利用できる水道業者を見極めて修理依頼をすることができれば、水道業者との金銭トラブルを回避することもできます。
しかし、日本国法の特定商取引法を調べて知っておけば金銭トラブルに巻き込まれることはありません。まずは、身を守るためにも、「依頼先を料金表示だけで安易に決めない」と意識しましょう。しかし、残念ながら、どれだけ意識をしていても気付いたときにはトラブルに巻き込まれてしまっている可能性も残念ながらあります。この場合、落ち着いて対処することが、さらなる被害の予防につながりますので法律に沿った対処をしましょう。

排水配管が詰まった修理作業 排水トラップから水が漏れてくる
お客様からの評価集
水が漏れている部分の修理 トイレで水漏れが発覚した

作業をしている時には、不必要な施工作業について断る勇気を持つことです。顧客の意に反する施工修理をした場合には、特商法でクーリング・オフについて記載されていることでもあり8日間の無条件クーリング・オフが適用されます。半ば無理矢理すすめられても法的に施工修理が無効になります。(個人を対象とした法律)
また、トラブルに巻き込まれないためにも「それは不要です」と断って下さい。それでもさらに契約を勧められてきたら作業中断を申ししれましょう。
修理内容が本当に不必要かどうかを判断するためには、水回りに関する基本的な知識が必須となってきます。優良な水道業者であれば、何故、施工が必要になるのか?施工料金についての事前にお客様にお伝えをして承諾を求めてきます。どうするかは、お客様判断となるからです。

水が噴き出していた 水の勢いが弱く水漏れしている
水道の修理業者
水漏れで業者に修理依頼 洗面台で水が漏れている

契約時の各種条件によっては、契約を結んだ後であってもクーリング・オフができますので覚えておきましょう。


水道・水まわりの施行実施
一連の流れ


修理隊総合サポート