気になる施工費用の差は?

修理隊

フロート弁の破損で水漏れが止まらない

INAX製のトイレタンクのフロート弁が折れてしまうことがあります。この部品が折れてしまうと電気に洗浄水が流れ続けてしまうので水道料金も加算され続けます。早急に交換をしないとトイレが使えません。専門業者に修理依頼をした場合には、修理交換費用がいくらになるのか気になってしまいます。
修理費節約のためにDIY修理を検討してみるのもいいですが、修理難易度が高い部分でもあり少しでも不安がある時にはやはり修理業者に依頼した方が無難でもあるがDIYで交換した場合には、部品代金だけでなおすことができます。

レバーの操作が重くて固まる 便器から溢れそうになる
施工実績
ウォシュレットの交換 TOTO製に機種交換

DIY修理で必要となるのが基本的に部品代のみです。フロート弁の価格は、メーカーによっても異なってきますが、3,000円~4,000円程度で部品入手をすることができます。修理に必要なツールが揃っていれば他に費用がかかることもありません。
一方で、専門業者に依頼した場合には、部品代に作業料金や出張料金が加算されます。作業内容によっても料金が変わってきますが、部品代やトイレタンクの脱着のための費用を含めると、2万円~3万円程度になることが多いです。
修理業者に施工依頼をした場合には、決して料金が安くありません。修理依頼する場合には、相見積もりを取るなどして、比較してから業者を手配することも良いでしょう。
DIYで修理した場合と修理業者に施工してもらった場合の金額差は、1万5,000円~2万5,000円程度と考えておきましょう。安いとみるか高いと考えるかは個人差がありますが、安心・確実に修理を考えるのでしたら業者手配をした方gがメリットがあります。


屋外の水道管が破裂していた トイレ交換と蛇口・食洗機の作業
水道の修理業者
水栓が複数箇所から水漏れ ビルトイン型食洗機の水漏れ

水道・水まわりの施行実施
一連の流れ


修理隊総合サポート