交換実績

修理隊

施行紹介

トイレに案内され水漏れしているか複数個所確認しましたが、水漏れは確認できませんでした。
お客様に水が漏れている場所を確認し症状などもお聞きしました。お客様がおっしゃるには、少し前までは水を流した後、水が止まることがなくチョロチョロと出たままになって、しばらくすると止まっていたのですが、最近は止まらなくなったから修理の依頼をしたとのこと。
お客様のお話を聞き、水漏れしていたのがフラッシュバルブからの水漏れとわかりました。フラッシュバルブとはレバーを押すと水が出てくる器具になります。恐らく中の部品が壊れてしまったのだと思われます。
このフラッシュバルブは家を建てた当初から使い続けて、今まで一度として故障をしたことがないとのこと。今回が初めての故障と言われていました。フラッシュバルブは30年前の物が使用されているため、新しいものに交換することを提案し見積りを提示し、お客様も納得され交換になりました。
フラッシュバルブは便器の上部にに取り付けているため、交換作業には家全体の水を止めます。次にフラッシュバルブに接続しているパイプなどの部品を外し、フラッシュバルブを反時計回りに回すと取り外すことができます。次に取り付け方ですが、ねじ山にシールテープを巻き、壁の配管に回してはめ込みます。フラッシュバルブと小便器の間は真直ぐなパイプを使うため、水を通すため穴を揃えます。フラッシュバルブを取り付けた後ナットを締め外れない様に固定します。水を通しあとは、パッキンのつけ忘れや水漏れがないか確認をします。
水量が多く水を流した時に便器からはみ出して床に漏れてしまったので、フラッシュバルブで水量を少なめに調整し、水が漏れないようにしました。これで水漏れはしなくなったたので作業終了となりました。


施行状況4

北東部担当地域
枚方市 羽曳野市 交野市 門真市
八尾市 柏原市 松原市 寝屋川市
河内長野市 富田林市 大東市 四条畷市
藤井寺市 大阪狭山市 守口市
泉州担当地域
堺市 和泉市 泉南市 泉佐野市
泉大津市 高石市 阪南市 貝塚市 岸和田市

水道・水まわりの施行実施
一連の流れ


大阪修理隊総合サポート