修理の解決実績

修理隊

施行紹介

水漏れしている箇所の確認の為に水を出してみると蛇口のレバーの下からも水が漏れていました。
この部分の水漏れだとカートリッジの劣化が考えられました。修理が可能か蛇口の型番を調べ、現在部品の供給があるのか確認して部品があるようなら修理することになります。ただ8年以上ご使用されているので他の部分も壊れてしまうケースもあり、そうなれば修理が重なるケースもあります。 お客様に現在の状況を説明して修理方法を提案しました。一つ目は部品での交換、今回は、部品供給が可能なので修理可能。2つ目は、本体交換です。
こちらは、まだ8年しかご使用されていないから使えるのですが耐久年数が10年と公示されていますから他の部分から水が漏れる恐れがあります。
その都度、修理をすると費用もかかり蛇口を交換するよりも高くつくこともあります。
お客様は、修理を依頼されていますから、ご参考まででしたが当日中に部品交換が可能で車内在庫の部品を確認し在庫があったので交換作業を行いました。
カートリッジは、消耗品でもありますから、それほど交換する時間がかからない作業でした。
レバーを外してナットを緩め上部を取り外したら部品が見えます。この部品を取り出して新しい部位に交換すして元に戻せば作業完了。
部品交換をして元に戻ったら水とお湯を出してみて問題なく漏れている箇所もなし!
これで作業完了となり30分程度でしたが修理完了とまりました。


施行状況7

大阪府出張地域案内
東大阪市 高槻市 茨木市 吹田市
摂津市 箕面市 池田市 豊中市

水道・水まわりの施行実施
一連の流れ


大阪修理隊総合サポート