用途に応じて使い分けをする

修理隊

消毒用アルコールと次亜塩素酸ナトリウム溶液の利点と欠点

この2つの消毒液には、利点と欠点がありますのでそれぞれの用途に応じた使い方をする必要があり購入前には確実に確認してから購入しましょう。これを把握しておけば、目的や用途に応じて使い分けることが可能でコスト削減にもつながりできます。

【消毒用アルコール】
消毒用アルコールの最大の利点は、次亜塩素酸ナトリウム溶液と比較して刺激が少なく揮発性が高いので気軽に使用することができます。手や指・手に触れる機会が多い部分は、アルコールでの殺菌消毒に有効です。
欠点としては、次亜塩素酸ナトリウム溶液に比べると高価となってきます。
引火性もありますので漬け置きなど大量にお使いになることに向いていません。また、使用する素材にも要注意となってきます。
【次亜塩素酸ナトリウム溶液】
次亜塩素酸ナトリウム溶液の利点は、入手しやすく安価であることです。
ハイターを薄めて作れることもあり大量に作成することができます。
また、金属や布は変色してしまう可能性が非常に多く、その他の素材は変色しにくいため、アルコールを使用すると変色してしまう素材にも使用できる場合があります。
欠点としては、刺激性が強いことと揮発性が少ないことでしょう。
使った後に残ってしまった成分が皮膚に付着すると荒れてしまう可能性があります。使用後はしっかりと拭き取るか流水で洗い流しましょう。

使用用途によって分別した上でお使いになることによってコスト削減ができますので購入時には、ドラッグストアなどで何に使うかということを薬剤師などにご相談された上で購入するとよいでしょう。

水道・水まわりの修理解決!

水まわりの消毒

水まわりの消毒は、病原菌やウイルスなどの病原体を減らすために行われます。特に、トイレ、お風呂、台所などで手軽に感染症を引き起こす病原体が繁殖しやすいため、定期的な消毒が必要です。
消毒には、次亜塩素酸ナトリウム、塩素系漂白剤、アルコール、過酸化水素などが使用されます。これらは、細菌やウイルスの殺菌力が高く、効果的に消毒することができます。
消毒の方法としては、噴霧器やスプレー、拭き取りなどがあります。また、専門業者に依頼することもできます。消毒を行う際には、手袋やマスクを着用するなど、適切な防護措置を取ることが重要です。

ウィルス除菌の適切な対処策
ウィルス除菌の適切な対処策には以下のようなものがあります:

・頻繁な手洗い: ビジネスや公共の場を訪れた後や、外出から帰った後は、石けんと水を使って20秒以上手を洗いましょう。
・アルコールベースの手指消毒液の使用: 手洗いができない場合には、アルコールベースの手指消毒液を使用しましょう。アルコール濃度が60%以上のものを選び、適切な量を手になじませてから乾かします。
・マスクの着用: 人との接触が予想される場や密閉空間では、マスクを着用しましょう。マスクは自身の防護だけでなく、他人への感染拡大を抑える効果もあります。
・室内の換気: 室内の空気の循環を促すために、定期的な換気を行いましょう。窓を開けたり、換気扇を使用したりして新鮮な空気を取り入れます。
・表面の除菌: 頻繁に触れる表面や物品を適切に除菌しましょう。アルコール消毒液や次亜塩素酸ナトリウムなどの適切な消毒剤を使用し、指示に従って清潔に保ちます。
・社会的距離の確保: 他人との距離を適切に確保することも重要です。人混みを避け、他の人との接触を最小限に抑えましょう。

これらの対策はウィルス除菌に効果的ですが、注意点として、正しい手洗いや除菌の方法に従うこと、そして個々の状況に応じて追加の対策を講じることが重要です。公衆衛生の水道業者や政府のガイドラインに従い、最新の情報を確認することもおすすめです。

一連の流れ

ご自宅のトイレ・台所・浴室・洗面所などの水道設備が何らかの不具合を起こしてしまって水道修理が必要になるような水トラブルは、当社が解決にお伺いをして解決致します。また、電話相談にも応じています。
水道修理に年中無休24時間対応でお客様のお困りごとの解決に迅速に務めさせていただきます。水道の修理施工だけでなくリノベーション工事も随時受け付けてお客様の水廻り環境の改善にお役立ちできるように頑張らせていただきます。水道製品の取り扱いもしていますのでお客様のご希望に合わせたご要望に応じた快適な暮らしをお手伝いいたします。また、排水詰まり・水漏れトラブルなどの水道修理は、是非当社にご用命ください。


修理隊総合サポート