用途に応じて使い分けをする

修理隊

消毒用アルコールと次亜塩素酸ナトリウム溶液の利点と欠点

この2つの消毒液には、利点と欠点がありますのでそれぞれの用途に応じた使い方をする必要があり購入前には確実に確認してから購入しましょう。これを把握しておけば、目的や用途に応じて使い分けることが可能でコスト削減にもつながりできます。

【消毒用アルコール】
消毒用アルコールの最大の利点は、次亜塩素酸ナトリウム溶液と比較して刺激が少なく揮発性が高いので気軽に使用することができます。手や指・手に触れる機会が多い部分は、アルコールでの殺菌消毒に有効です。
欠点としては、次亜塩素酸ナトリウム溶液に比べると高価となってきます。
引火性もありますので漬け置きなど大量にお使いになることに向いていません。また、使用する素材にも要注意となってきます。
【次亜塩素酸ナトリウム溶液】
次亜塩素酸ナトリウム溶液の利点は、入手しやすく安価であることです。
ハイターを薄めて作れることもあり大量に作成することができます。
また、金属や布は変色してしまう可能性が非常に多く、その他の素材は変色しにくいため、アルコールを使用すると変色してしまう素材にも使用できる場合があります。
欠点としては、刺激性が強いことと揮発性が少ないことでしょう。
使った後に残ってしまった成分が皮膚に付着すると荒れてしまう可能性があります。使用後はしっかりと拭き取るか流水で洗い流しましょう。

使用用途によって分別した上でお使いになることによってコスト削減ができますので購入時には、ドラッグストアなどで何に使うかということを薬剤師などにご相談された上で購入するとよいでしょう。


東部担当地域
枚方市 寝屋川市 守口市 交野市 門真市
八尾市 柏原市 東大阪市 羽曳野市
藤井寺市 松原市 富田林市 大東市 四条畷市
24時間対応
北部担当地域
高槻市 茨木市 吹田市 摂津市 豊中市
箕面市 池田市
泉州担当地域
堺市 和泉市 岸和田市

水道・水まわりの修理解決!
一連の流れ


大阪修理隊総合サポート