結露と水漏れれの違いについて

修理隊

トイレタンクの結露で水漏れと勘違いする

トイレタンクから水漏れしていると感じたら最初に床から水漏れして生きているのかを調べて対処することにしてください。日中の気温差が大きい時には、結露に寄って水漏れと同じような症状に見えることも少なくなく勘違いしてしまうことが多くあります。そうならないためにも床から水漏れしているのか、よく確認して見ることは大切です。
タンクにヒビが入って水漏れしているケースは直ぐに修理や交換が必要ですが、冬の寒い時期などにタンク全体に水滴がついている場合、結露が考えられます。
結露はタンク内部からの水漏れではなく、タンクの表面に水滴が発生しているだけですので拭き取ればおさまりますのでご安心ください。
日中の気温差がある時期にトイレが北側にあり、窓があるなど冷える場所にあるとタンク内の水とトイレ内の温度差によって結露が生じる恐れがあります。
水漏れではないとはいえ、寒い時期に毎日のように悩まされるのは困ります。結露を放置するとトイレ内に湿気がこもり、カビや臭いの発生原因となり衛生的ではありません。
トイレの窓ガラスに断熱フィルムを貼ったり、トイレタンクに断熱材を巻いたりするなど対策するのが鉄道防止するために良い方法だと言えます。


北部担当地域
高槻市 茨木市 吹田市 摂津市 豊中市
箕面市 池田市
24時間対応
東部担当地域
枚方市 寝屋川市 守口市 交野市 門真市
八尾市 柏原市 東大阪市 羽曳野市
藤井寺市 松原市 富田林市 大東市 四条畷市
電話相談
泉州担当地域
堺市 和泉市 岸和田市

水道・水まわりの修理解決!
一連の流れ


大阪修理隊総合サポート