水道設備の解決法

修理隊

吐水が弱くなる時の対処策

蛇口にはストレーナーと呼ばれるゴミ受け網が吐水口に装備されているj水栓があります。
ストレーナーはお湯の成分などに含まれている不純物をはじめ、水道管の内部の経年劣化や酸化で生じる鉄サビなどの鉄くずなどのゴミを遮る役割を果たしています。
ストレーナーの網の目が詰まるなどして役割が果たせなくなるとパッキンに鉄サビが付着したりカートリッジや開閉バルブユニット、 サーモスタットユニットなどにゴミが購入し水やお湯が出てくると水量が減少し弱くなる。そして、給湯器の温め能力が小さくなって冷水しか出なくなるケースも少なくなることもあります。
カランやシャワーの吐水口には整流キャップが取り付けられていますので整流キャップにもゴミ受け網が装着されているケースが多くあります。

整流キャップのゴミ受け網にゴミが詰まって目詰まりすることでと吐水してくる水量がが弱くなる原因となっています。また、水栓本体に止水栓が装着されている場合には、止水栓の調整ネジの部分で目詰まりが起こって止水できないなどの不具合が起こる場合もあります。
ストレーナーや整流キャップのゴミ受けの目詰まりが原因なら取り外すことが可能ですので網を一度取り外して清掃をする事で解決することができます。
取り外し方は、手で簡単に取り外すことが可能で一般的には時計方向に回すとつまり反時計方向に回すと取り外すことができます。そして、取り外した部分を使い古した歯ブラシやなどを使ってクリーニングして再度取り付けます。お湯の出量が悪くなるケースは、蛇口の種類によっても左右されますので原因も異なっていることがありますからこの点には注意しておきましょう。

蛇口の水圧がよくない時

蛇口の水圧がよくない場合、以下のような原因が考えられます。

蛇口の詰まり
蛇口の内部に汚れや石鹸カスが詰まっている場合、水圧が低下することがあります。この場合、蛇口を分解して内部を清掃する必要があります。
給水管の詰まり
給水管に汚れや錆がたまることで、水の流れが悪くなります。この場合、給水管を洗浄する必要があります。
水道メーターの故障
水道メーターに異常がある場合、水圧が低下することがあります。この場合は、水道局に連絡して点検してもらう必要があります。
水道管の破損
水道管が破損している場合、水圧が低下することがあります。この場合は、専門業者による修理が必要です。

以上のような原因が考えられますので、まずは自分でできる清掃を行ってみて、改善されない場合は専門業者に相談することをおすすめします。

蛇口の水圧調整
蛇口の水圧を調整する方法は次のとおりです。

1:水道メーターの弁を確認する
水道メーターの弁が完全に開いているか確認しましょう。弁が開いていない場合は、水圧が低下する原因になりますので、しっかりと開いていることを確認してください。
2:水漏れのチェック
蛇口や配管に水漏れがないか確認してください。水漏れがある場合は、修理が必要です。
3:シャワーヘッドの清掃
シャワーヘッドが汚れやカルキで詰まっている場合、水圧が低下することがあります。シャワーヘッドを取り外し、水垢や詰まりを取り除いてください。
4:節水デバイスの確認
蛇口に節水デバイスが取り付けられている場合、その設定を確認してください。節水デバイスが適切に設定されているか、必要な場合は調整してください。
5:水道管の詰まりの確認
水道管が詰まっていると、水圧が低下することがあります。水道管が詰まっている可能性がある場合は、専門の業者に確認してもらうことをおすすめします。
6:水圧調整弁の利用
一部の蛇口には、水圧調整弁が備わっている場合があります。水圧調整弁を調整することで、水圧を調節することができます。蛇口の取扱説明書を確認し、適切な方法で調整してください。

重要な点は、水圧調整を行う際には、熟知していない場合や専門的な知識が必要な場合は、水道業者や水道業者に相談することです。正しい方法で水圧調整を行うことで、快適な水の使用が可能になります。

一連の流れ


修理隊総合サポート