火災保険の特約をチェック

修理隊

火災保険で水トラブルを解決する

水道トラブルが良くしない特に発生してしまう厄介な生活トラブルです。もし水道管やパイプから水漏れがしてきている場合には、マンションやアパートでは下の階まで水が導水してしまって1大事なことになってしまい損害賠償を支払うことになるケースもありますので注意が必要です。
マンションやアパートに住まわれている場合に水漏れが発生してしまって下階の天井や壁が濡れて周囲の家具や床まで被害が出てしまうような事態になってしまうと修理費用以外にも被害を受けた下階に住まわれている方への賠償もする必要がでてきます。
ほとんどのケースとして、損害賠償は、多額の金銭が動きますのでとても払えない!と悲鳴を上げたくなる金額になることも珍しくありません。
そんなときには加入している火災保険の特約に「水濡れ」または「第三者個人賠償責任保険」といったものがあるかを確認します。
火災保険に入っているかわからないという方でも賃貸で 火事の時に強制的に保険に加入させられることが多いので大抵は入っているはずです。また、分譲マンションなどの場合には火災保険で特約がありますので確認してみてください。

東部出張地域案内
枚方市 寝屋川市 守口市 交野市 門真市
電話相談
八尾市 柏原市 東大阪市 羽曳野市
藤井寺市 松原市 富田林市 大東市 四条畷市

参考になる資料のご提供をしておきます。
●所有物件:ローンを組むときに火災保険への加入を義務づけられることが大多数である
●賃貸:入居契約時にほぼ必ず加入している
上記の事柄が義務付けられていることが多く強制的に火災保険に加入していることが大多数ですので確かめてみてください。
その火災保険の特約に、水の被害に対する補償が付帯契約で加入していることはあります。前述の通り、「水濡れ」「第三者個人賠償責任保険」をチェックしてみてください。 このような特約に加入していれば下階の修繕費用の補償が受けられます。また、火災保険の特約次第となりますが自宅の報酬費も保険で賄えることができれば愛があります。
例外としては、契約内容で定められている通り自然災害で起きた場合や個人の数によって水漏れをさせてしまった場合には保険の適用外になることもありますので十分に注意が必要となってきます。
ですが、このようなケースでも火災保険でカバーすることができる特約もありますので券加入時には金額だけにとらわれずもしもの時のためのカバーをするための保険に加入しておくことをオススメします。また、このような付帯契約の場合にはわずかな掛け金で補償が多く得られます。
次に、賃貸住宅で起きた水漏れ被害は、その原因によっては入居者ではなく建物の所有者が修繕費を負担するケースもあります。もともと備え付けられていた設備が経年劣化や設置ミスなどで水漏れを起こした場合には、入居者が修理費用を負担するのではなく建物を所有している所有者の責任になるためです。ただし入居者の過失によって破損させたことが原因であれば入居者が負担することになります。


北部出張地域案内
高槻市 茨木市 吹田市 摂津市 豊中市
箕面市 池田市
24時間対応
泉州出張地域案内
堺市 和泉市 泉南市 泉佐野市
泉大津市 高石市 阪南市 貝塚市 岸和田市

水道・水まわりの修理解決!
一連の流れ


大阪修理隊総合サポート