洗浄水を減らすためのご案内

修理隊

トイレで使う洗浄水の削減について

毎日意識して節水に勤めているけど毎月の水道料金が高い、トイレタンクの洗浄水の量を減らしたいなど、水道料金についてお悩みの方は多くいらっしゃると思いますがトイレタンクの貯水量は、製造メーカー側が計算した上で製造しておりますのでむやみに節水することはお勧めしておりません。最善策としては、節水型のトイレに交換することが一番望ましいことではありますが一考されてみてはいかがでしょうか。
毎月の水道料金について幸福になるのが、浴室やキッチンの水量が注目されがちですが、実は水道料金の割合に占める場所としてはトイレで洗浄するための水です。
見逃しがちではあるのですが、一般家庭における水道使用料のうち、25%がトイレであるとされているのです。
このことからもトイレタンクからの洗浄水は、意外にも水道料金に大きく反映されていることが見受けられるでしょう。
昔のトイレタンクの貯水量と比べて、昨今の節水型のトイレタンクの貯水量は一昔前の1/3程度になっています。そこで、トイレタンクの聖水をするためにどうすればいいのかということを今回はご紹介しておきます。
節水型のトイレにリフォーム
トイレを使用するのに消費する水量は、製造メーカーによってかなり多くが異なってきます。10年前の通常のトイレタンクの場合は、一般的に12~13 L ぐらいの洗浄水を1回で流していました。しかし、節水型のトイレにリフォームすることにより、1/3程度に抑えられるのでかなりの節水効果が期待されます。

その他のトイレタンクの精製方法としては、トイレタンクの内側にペットボトルを入れたり節水グッズを取り付けたりして洗浄水の量を減らす事ができますが海水に軽度に汚物やトイレットペーパーなどが残存してしまうので当社としてはおすすめすることができません。
それでも先生に勤めたいということでありましたが上記の点を踏まえて考えた上で対処してください。

水道・水まわりの修理解決!

トイレタンク本体の節水アイテム

トイレタンクに節水アイテムを取り付けることで、水の使用量を減らすことができます。代表的な節水アイテムとしては、以下のようなものがあります。

流量調整弁
トイレタンクの流量を調整して、必要な水量だけを使うようにするアイテムです。流量を調整できるものや、一定量の水しか流さないものなどがあります。
タンク内スポンジ
トイレタンクの底に設置するスポンジで、タンク内の水を減らすことができます。スポンジが水を吸って膨らむため、タンク内の容積が減り、必要な水量が減る仕組みです。
トイレタンク充填弁交換
古くなったトイレタンク内の充填弁を新しいものに交換することで、水の漏れを防ぎ、節水効果を得られます。
デュアルフラッシュ機能付きトイレタンク
大量の水を使う大便用と、少量の水で済む小便用の2つの流量を切り替えられるトイレタンクです。この機能を使うことで、必要な水量だけを使うことができます。

これらのアイテムは、DIYで簡単に取り付けることができますが、取り付け方や適合するトイレタンクの種類などによっては、専門業者に依頼する方が安全です。また、節水効果を得るためには、適切な方法で取り付けることが重要です。

上手なトイレタンクの節水方法
トイレタンクの節水方法についていくつかのアイデアをご紹介します。

・タンク内の水量調整: タンク内のフロートバルブや調整弁を調整して、流れる水の量を減らすことができます。タンク内の水位を下げることで、毎回の流水量を削減することができます。
・デュアルフラッシュ機能の利用: デュアルフラッシュ機能があるトイレタンクを利用すると、小便用と大便用の2つの流水量を使い分けることができます。小便時には少量の水を使うことで節水効果があります。
・流量制限ディスクの取り付け: タンク内の水流量を制限するために、流量制限ディスクを取り付けることができます。これにより、水の出がらし量を調整し、節水効果を得ることができます。
・水漏れの修理: トイレタンクや給水パイプからの水漏れを修理することも重要です。水漏れがあると無駄に水が流れ続けるため、早めの修理が必要です。
・適切なトイレットペーパーの使用: 高吸収性のトイレットペーパーや大量に使用することは、トイレの流水量を増やす原因になります。適量のトイレットペーパーの使用を心掛けましょう。

これらの方法を組み合わせることで、トイレタンクの節水効果を高めることができます。また、省エネ性能の高いトイレや節水機能が備わったトイレの導入も検討してみてください。

一連の流れ


修理隊総合サポート