洗浄水を減らすためのご案内

修理隊

トイレで使う洗浄水の削減について

毎日意識して節水に勤めているけど毎月の水道料金が高い、トイレタンクの洗浄水の量を減らしたいなど、水道料金についてお悩みの方は多くいらっしゃると思いますがトイレタンクの貯水量は、製造メーカー側が計算した上で製造しておりますのでむやみに節水することはお勧めしておりません。最善策としては、節水型のトイレに交換することが一番望ましいことではありますが一考されてみてはいかがでしょうか。
毎月の水道料金について幸福になるのが、浴室やキッチンの水量が注目されがちですが、実は水道料金の割合に占める場所としてはトイレで洗浄するための水です。
見逃しがちではあるのですが、一般家庭における水道使用料のうち、25%がトイレであるとされているのです。
このことからもトイレタンクからの洗浄水は、意外にも水道料金に大きく反映されていることが見受けられるでしょう。
昔のトイレタンクの貯水量と比べて、昨今の節水型のトイレタンクの貯水量は一昔前の1/3程度になっています。そこで、トイレタンクの聖水をするためにどうすればいいのかということを今回はご紹介しておきます。
節水型のトイレにリフォーム
トイレを使用するのに消費する水量は、製造メーカーによってかなり多くが異なってきます。10年前の通常のトイレタンクの場合は、一般的に12~13 L ぐらいの洗浄水を1回で流していました。しかし、節水型のトイレにリフォームすることにより、1/3程度に抑えられるのでかなりの節水効果が期待されます。

北部出張地域案内
高槻市 茨木市 吹田市 摂津市 豊中市
箕面市 池田市
24時間対応
泉州出張地域案内
堺市 和泉市 泉南市 泉佐野市
泉大津市 高石市 阪南市 貝塚市 岸和田市

その他のトイレタンクの精製方法としては、トイレタンクの内側にペットボトルを入れたり節水グッズを取り付けたりして洗浄水の量を減らす事ができますが海水に軽度に汚物やトイレットペーパーなどが残存してしまうので当社としてはおすすめすることができません。
それでも先生に勤めたいということでありましたが上記の点を踏まえて考えた上で対処してください。

東部出張地域案内
枚方市 寝屋川市 守口市 交野市 門真市
電話相談
八尾市 柏原市 東大阪市 羽曳野市
藤井寺市 松原市 富田林市 大東市 四条畷市

水道・水まわりの修理解決!
一連の流れ


大阪修理隊総合サポート