スタッフのコラム

修理隊

給湯器の交換についての目安

給湯器の不具合が起きた場合には、修理をするべきか交換をするべきか迷うこともあります。
賃貸マンションなどのお住まいの人であれば悩まずに管理会社に連絡をすれば業者と相談をして適切な解決をしてくれます。
自己所有の場合には、自己判断でどうするか決めなければいけないので購入してからどれぐらいの年月が経過したら交換時期なのかを知る必要があります。
給湯器を交換するか修理するかの目安は、おおよそ10年を境に決めるとよいでしょう。

東部出張地域案内
枚方市 寝屋川市 守口市 交野市 門真市
電話相談
八尾市 柏原市 東大阪市 羽曳野市
藤井寺市 松原市 富田林市 大東市 四条畷市

10年以上経過していた場合には本体交換を考えて10年未満の場合には修理をすると決めておけば万が一トラブルが発生した場合でも即断対応できます。
どうしておおよそ10年が目安となるのかというと給湯器は生産がすでに終了した場合でも生産終了してから約10年前後は部品を保有していなければいけないというPL法などで義務つけられているからです。
つまるところ、10年以内であれば修理を依頼したときに交換が必要になった場合には、交換部品が存在していないという事態がほとんどありません。
しかし。ここで問題になるのが修理をするときの費用です。平均2~3万円ぐらいになるものが多く故障の程度によってはもっと必要になる場合も考えられますので、要見積もりを出してもらって納得をしてから修理の依頼をしましょう。
また、給湯器内部の燃焼室付近にダメージがある場合には、本体交換をするようにしましょう。そこがダメージを受けているのであれば使用頻度が極端に高いと言っていいからなのです。


北部出張地域案内
高槻市 茨木市 吹田市 摂津市 豊中市
箕面市 池田市
24時間対応
泉州出張地域案内
堺市 和泉市 泉南市 泉佐野市
泉大津市 高石市 阪南市 貝塚市 岸和田市

水道・水まわりの修理解決!
一連の流れ


大阪修理隊総合サポート