排水トラップの重要性とトラブルの原因

修理隊

ステンレス製の給排水パイプの腐食について

洗面所で水漏れが起こるときに考えられる原因のほとんどが、洗面台や洗濯排水の接続部品の経年劣化やパイプの劣化です。
一般のご家庭で洗面台の下に物を収納している場合も多いかと思いますが、ここに保管しているものを取り出してみて洗面台の構造がどうなっているのか確認してみましょう。
仮に水漏れが起こっている場合には、上記の画像のようになっていれば何処から水漏れが発生しているのか該当箇所を目視で確かめ特定することができます。
基本的に、不具合が起こっている箇所があれば部品を新しいものに付け替えることで対処することが可能です。洗面台の下が収納スペースになっている場合には、床に水が流れてくるまで水漏れに気が付かないというケースもあります。水漏れをしていなくても10年近く経過している洗面台であれば収納庫の中を小まめに確認することをおすすめします。

腐食

洗面台の排水トラップの働き

洗面台の排水トラップは、排水管と洗面器の下部分を繋ぐ曲がりくねった管のことを指します。この排水トラップには水を溜める凹凸があり、排水管から上がってくる悪臭を防いでいます。洗面器から流れ出た水が排水管に流れる際に、排水トラップに水がたまります。この水の量によって、排水トラップに詰まりが発生することがあります。また、排水トラップにたまった汚れや髪の毛、化粧品のカスなどが詰まりの原因となることもあります。定期的な掃除やメンテナンスが必要です。

素材
洗面台の排水トラップの素材には、樹脂製のものや金属製のものがあります。樹脂製の場合、軽くて取り扱いが簡単で、錆びたり腐食したりしないため、メンテナンスが楽です。一方で、熱に弱いため、熱いお湯を流しすぎると変形や破損の原因になることがあります。金属製の場合、熱に強く、耐久性が高いため、長期間使用することができます。ただし、錆びたり腐食したりすることがあるため、定期的なメンテナンスが必要です。

洗面台のメンテナンスの対処法
洗面台のメンテナンスの対処法は以下の通りです:
●汚れの除去
洗面台の表面についた汚れを取り除きます。水や中性洗剤を使った柔らかい布やスポンジで優しく拭き取りましょう。頑固な汚れがある場合は、専用の洗剤を使用することもありますが、素材に適したものを選んでください。
水垢の予防
洗面台の水垢は見た目を損ねるだけでなく、素材にダメージを与えることもあります。水垢を予防するために、使用後は洗面台の表面を乾いた布で拭き取るようにしましょう。また、水滴がつきやすい蛇口や水栓部分も忘れずに拭き取ります。
排水口の清掃
洗面台の排水口には髪の毛や皮脂などの汚れが詰まりやすいです。定期的に排水口を清掃し、詰まりを防ぎましょう。排水口には専用の掃除用具や洗剤がありますので、それを使って汚れを取り除きます。
素材に合ったメンテナンス
洗面台の素材に応じたメンテナンスを行います。例えば、ステンレスやホーロー素材の場合は専用の洗剤を使用し、酸性の洗剤を避けましょう。木製の洗面台は湿気に弱いため、水分をしっかり拭き取るようにし、木材用の保護剤を定期的に塗布することが必要です。

注意点
:洗面台のメンテナンスでは、ゴシゴシと強くこすったり、粗いスポンジやブラシを使ったりすると、表面が傷ついたり、素材にダメージを与えることがあります。適切な洗浄具を使用し、優しく清掃するように心掛けましょう。
定期的なメンテナンスと丁寧な取り扱いにより、洗面台の美観を保ち、長く使い続けることができます。



修理隊総合サポート