トイレ設備の解決

修理隊

大阪府担当スタッフのブログ

トイレットペーパー
流していいはずのトイレットペーパーも一度に大量に排水したり丸めて流したり使いすぎるとトイレつまりの原因となります。現在市販されている物は、基本的に水に溶けますのでトイレットペーパーが固形物などに絡まっているということがなけれ水に浸かっていれば時間が経てば溶けるるので時間をかけて待つかバケツに人肌湯(水)を一気に流したりする方法でも効果があります。軽いトイレつまりであればラバーカップ(スッポン)を使い自分でも直すことが可能ですが、洋式トイレや和式、節水トイレによって便器の排水口の大きさが異なりますので、それぞれの大きさにあったスッポンをご使用する必要がありますが軽い症状であれば多少の融通は利きます。そしてスッポンは強く押し込むのではなく、ゆっくりと押し込んで強く引くのが正しい使い方です。その際に水が飛び散ることがありますので便器を新聞紙やごみ袋などで覆い隠して作業するとよいでしょう。(注意)異物でつまっいる場合は、逆効果になりますから注意が必要!
ティッシュペーパー
トイレットペーパーがなかった時に使いがちですがトイレットペーパーはほぐれやすい繊維構造になっているのに対してティッシュペーパーはほぐれにくい繊維構造になっているので排水管や便器の内部にこびりついたり引っかかる可能性があります。ごく少量であれば問題ありませんがトイレットペーパーと同じ感覚で大量にトイレに流すとつまりを起こす原因になりますので、使用する時にはできるだけ可燃ゴミとして処分しましょう。ティッシュが詰まってしまった際には、トイレットペーパーにくらべスッポンを使用しても解消しにくいことがあります。人肌湯(水)を一気に流して固まってる物を拡散するように柔らかくして何度かシュポシュポする修理作業を何度か来る返すことで細かく砕くイメージでトイレつまり解消に努めていただくといいと思います。
トイレのお掃除シート
トイレクリーナーとして手軽にお掃除できるトイレのお掃除シートが数多く市販され利用されていますが水に溶けるタイプで『便器に流しても大丈夫』・『流せるシート』と表記されているもの多くありますがトイレットペーパーほどすぐに溶けるわけではありません。一度に大量に流すとトイレつまりの原因になります。但し、最終的には水に溶けるように作られている物もありますのでお掃除シート単体のつまりであれば上記と同様のトイレつまりをなおすこともできます。
トイレ用の猫砂
猫砂はさまざまなタイプが販売されてています。素材が鉱物系・紙系・木系などさまざまなタイプがあり、トイレに流せると説明されているものもありますが、やはりそのどれもが吸水性い構成で製造されていて一度に多くを流すとトイレつまりの原因になります。
オムツ・生理用品
どちらも水に溶けるような性質がなく水分を吸収してどんどんと膨張するのが特徴で排水管の中でパンパンになって強烈なトイレつまりが起きてしまいます。見えていればすぐに取り除くことができますが手の届かない奥の方まで入り込んでしまうと専用工具を使用し詰まり抜き作業が必要となります。もしも、流してしまった時には、基本的にラバーカップはダメ!素手で素早く除去するしか解決策がありません。
タワシ・スポンジなどの固形物
上記(オムツ・生理用品)と同じでトイレつまり解決方法となります。排水しないことが一番ですが少量ずつ排水して流れるか確認すのは大丈夫ですが一気に排水するのはダメです。便器のトラップを超えてしまうとトイレ修理が厄介になっていきます。

施工実績
ローポンプ作業 トイレの詰まりを解決
蛇口の水漏れを解決 フラッシュバルブの交換
高圧洗浄作業 カートリッジ交換

トイレつまりの解消作業は、つまった原因によって作業が異なってきます。トイレつまりなど、排水つまりで困った際には、24時間対応で大阪市や東大阪市など周辺の市町村に現場に駆けつけ解決に努めています。困った際には、ご連絡下さい。敏速に対処させていただきます。



水道・水まわりの施行実施
一連の流れ


修理隊総合サポート